お役立ち情報・気になる症状

手洗いの種類

手には目に見えなくても汚れや雑菌が付いています。それを付けたまま手掴みで物を食べたり目を擦ったりすると、病気に「感染」してしまう危険があります。手を洗い、付いてしまった菌やウイルスを洗い流すことは簡単に出来る感染予防の一つです。
汚れていないと思っても、きちんと手を洗って手に付いた菌やウイルスを落としましょう。
(※全ての菌やウイルスを取り除けるわけではありません)

流水と石鹸で手を洗う

普段皆さんが行っている「流水と石鹸」による手洗い。
しっかり洗っているつもりでも、手は凸凹がたくさんあり、つい洗い残してしまうことがあります。
正しい手洗い方法をマスターして「感染」を予防しましょう。

アルコールで手を洗う

アルコール手指消毒剤で手を洗う方法は医療機関では既にスタンダードになっています。
一般家庭でも新型インフルエンザやSARSの流行によって少しずつ認知されてきています。
アルコール手指消毒剤は水もタオルも要らない手軽で便利な手洗い方法です。

流水と石鹸での手洗いと同様に、正しい手洗い方法
をマスターして感染を防止しましょう。

製品・販売店に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ、販売店のご確認などは、 以下よりお願いいたします。

TEL.06-6943-8956

受付:10時~17時 月~金(祝祭日を除く)

IR・採用・その他お問い合わせ

IR・採用に関するお問い合わせ、 その他ご相談は以下よりお願いいたします。

TEL.06-6943-8951

受付:10時~17時 月~金(祝祭日を除く)

製品・販売店に関するお問い合わせ IR・採用・その他お問い合わせ