お役立ち情報・気になる症状

感染予防策にマスクの着用を

感染症はさまざまな経路から感染しますが、感染拡大を防ぐ一番の方法は「周りに広げないこと」と「周りからもらわないこと」です。 感染経路をどこかで遮断すると、それ以上は広がりません。 「周りに広げないこと」・「周りからもらわないこと」のために必要なマスクに関しての豆知識をご提供いたします。

マスクの種類について

マスクには大きく分けて、医療用マスク・家庭用マスク・産業用マスクに分けられます。
医療用マスクは医療機関で手術などの際に使用されるサージカルマスクと呼ばれるもの、家庭用マスクは皆さんがドラッグストアで購入されるような風邪や花粉対策として販売されているもの、
産業用マスクは工事現場での防塵目的などで使用されるものです。

ここでは「家庭用マスク」についてご説明いたします。
家庭用マスクは素材や形によっていくつかに分けられます。まず、素材でガーゼを使用したガーゼマスクと不織布を使用した不織布マスクに分けられます。ガーゼマスクは肌当たりが良く、洗濯して何度か使用でき、不織布マスクの多くは比較的バリア性が高く、使い捨てを基本としたマスクです。形は平型と、口元に空間が出来る立体型・プリーツ型に分けられます。

 

マスクのフィルター性能について

マスクのフィルター性能は、BFEとPFEで表わすことが出来ます。BFEとは「バクテリアろ過効率」のことで、細菌などを含む飛沫を何パーセントカットできるかを示しています。PFEとは「微粒子ろ過効率」のことで小さな微粒子を何パーセントカットできるかを示しています。共に数値が高いほうがバリア性は高くなりますが、マスクと顔に隙間があったり正しく装着されていないと効果が十分に発揮できません。

「空気感染」では空気中に漂う小さな菌やウイルスをカットする必要があるため、「空気感染」専用のマスクを使用する必要があります。

 

マスクのつけ方・外し方

どんなに性能の高いマスクを着けていても、正しく着脱しなければマスクの機能は十分に発揮できません。正しいマスクのつけ方を知って、しっかり花粉やウイルスをカットしましょう。

 

製品・販売店に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせ、販売店のご確認などは、 以下よりお願いいたします。

TEL.06-6943-8956

受付:10時~17時 月~金(祝祭日を除く)

お客様応対の品質向上と内容を正確にうけたまわるために、
通話を録音させていただいております。
あらかじめご理解とご協力をお願い申し上げます。

IR・採用・その他お問い合わせ

IR・採用に関するお問い合わせ、 その他ご相談は以下よりお願いいたします。

TEL.06-6943-8951

受付:10時~17時 月~金(祝祭日を除く)

製品・販売店に関するお問い合わせ IR・採用・その他お問い合わせ